r-06-12 部屋別のリフォーム|庭、カーポート

 

P1020650
庭やベランダ、それにカーポートについては、リフォームという感覚はないかもしれませんが、使う視点からみれば、室内と同じ生活部分です。
庭やベランダは外部なので、室内と同じ感覚では見ていないと思いますが、どうでしょう、ここも室内の延長として認識してみませんか。

とくにマンションですが、そのベランダの多くは狭いために物干専用か、雑誌や新聞、ビールなどの空き缶置場と化していたり。そして、それを常にガラス越しに見ている生活ってどうでしょう、決して気持ちがいいと思ってしているのではないですよね。

物干だったら、効率よく干せるようにしたり、物を置くのであれば、置きやすいように収納を考えてみたり。そうすれば、使い易いからもっと使うようになって、決してデッドスペースにはなりません。そして室内から見えるとこに緑でも置けば、自然と室内とつながった空間になり、室内が広く感じるようになります。
リフォーム業者に頼まなくてもできることはたくさんあります。自分たちで工夫したり、緑の世話をすることも、生活していく楽しみになると思います。

J-01 のコピー 2カーポート
カーポートは、土間にコンクリートを打ったり、その上に石やタイルを貼ったり。屋根をつくるのであれば、アルミの既製品をつけることが主な工事となりますが、敷地の形状から求める大きさや、また質感へのこだわりがあるときには、つくることも可能ですし、外部で使う物の収納についても、合わせて考えてみてください。

散水用のホースの行き場所がなかったり、外仕事の道具や子供たちのおもちゃの行き場所がなかったりすると、せっかく庭やカーポートをきれいにしても、どこか片付かず、そのうち手入れをしなくなってしまいかねません。
景観として金属製の物置きが合わなければ、最近はホームセンターなどで木製の物置用の小屋が安く販売されていますし、家の延長として、大工さんにつくってもらうのも良いかもしれません。

外部は、室内とうまくつながるようにできると、家自体が広くなったように思えます。
室内を快適にする最後のコツは、外部にあると思います。